キャンドルでリラックスできるのはなぜ? | アラブのお香専門店 From The GULF オンラインショップ

2020/11/16 22:11

キャンドルでリラックスできるのはなぜ?

癒しアイテムとして人気のあるキャンドル。

キャンドルの揺れる灯りは、見ているだけでほっとしますし、

あたたかな色の光は優しい雰囲気も作り出してくれますよね。

 

 

キャンドル 癒し

 

実はキャンドルの明かりで癒されるのは、ちゃんとした理由があるのです。

 

 

 

 

理由は ”1/fゆらぎ(エフ分のいちゆらぎ)”に。

1/fゆらぎ、という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

1/fゆらぎとはどういう言う意味かというと、

パワー(スペクトル密度)が周波数 f に反比例するゆらぎのこと。ただし f は 0 より大きい、有限な範囲をとるものとする。

Wikipedia

 

 

これだけ聞くと難しいですね。

少し掘り下げてみていきましょう。

 

 

 

 

「ゆらぎ」とは?

「ゆらぎ」とは、

ものの変化、そしてその変化が不規則な様子のこと。

 

たとえば、寄せては返すを繰り返している波。

その間隔や大きさはまちまちで完全に一定ではありません。

そよ風も同じく、風がそよぐ間隔や強さには規則性がありませんよね。

次に吹いてくる風の強さやタイミングを予測するのは難しいです。

更には天体の起動も、実は完全なる一定ではないのだそう。

 

 

自然界の多くものは、完全な規則性を持っているのではなく、

どこか不完全で不規則な部分がある。

 

これこそが「ゆらぎ」なのです。

 

 

 

1/fとは?

この、「ゆらぎ」=不規則性を、人の生体が最も心地よく感じるのが、

1/fという周波数です。

 

周波数というと直感的には捉えにくいですが、

どれくらい「ゆらぎ」があるか、

「ゆらぎ」の程度、

と言ったら分かりやすいかもしれません。

 

では、「不規則を心地よく感じる」、とはどういうことなのでしょうか。

人が無意識で予測できない動きや変化を五感で感じ取った時、

その不規則・予測に反する動きや変化は程よい刺激になります。

 

ポイントは、予測できない、ということ。

予測できないからこそ、予想を程よく裏切られるのが良い刺激となり、

この刺激があるから「ここちよい」と感じるのだそうです。

 

ちなみに、人の心拍の間隔にも「ゆらぎ」があり、この周波数が理想的な1/fであるのだそう。

私たちの体にも1/fゆらぎがあるからこそ、

周りのものからも心地よさを感じ、リラックスできるのですね。

こころ

 

 

 

 

キャンドルの炎の揺れは、まさしく「1/fゆらぎ」

ゆらゆらと揺れる灯りは、

「揺れる」という部分は反復していながらも、その動きは一定ではなく不規則。

まさに程よく不規則な、「1/fゆらぎ」がそこにはあります。

 

キャンドルの灯を眺めていると心が落ち着き、リラックスできるのには、

実はこんな理由があったのですね。

 

 

他にも、

木漏れ日の光、

小鳥のさえずり、波の音、

木目の間隔にも1/fゆらぎが存在しています。

リラックスシーンでは1/fゆらぎを取り入れたBGMもありますよね。

 

木漏れ日

 

 

 

 

 

身近にある1/fゆらぎを取り入れて、

忙しい毎日の中にも、

ぜひ「心地よさ」を見つけてくださいね。